限度額内なら何度でも、どれだけでも借りる事ができるカードローン。その為、ついつい、借り過ぎてしまうと言う人も多いのではないでしょうか。

初めは、本当にお金に困っている時に申し込んだカードローンでも、その便利さに魅了され、ちょっとした事でも利用するようになった結果、返済が難しくなると言う人は少なくありません。そこで初めて気づいても、そう簡単に返済する事ができる金額ではなく、どうしていいものか困り果ててしまうと言う人も…。

そんなカードローンの返済に困った人に今回、カードローンの返済に困った際の方法をご紹介したいと思います。

目次

まず、カードローンの返済に困った際、どうしようと思われますか。そのまま、放置ですか?それは非常に危険な行為です。では、実際、返済が難しいと分かった時点でどうすれば良いのかご紹介したいと思います。

・まずは、電話で相談 どうしても、今月分の返済ができないと分かった時点で、すぐにカードローン会社に電話を入れます。そして、正直にどうしても、今月分の返済が難しいと言う事を伝えます。そして、いつまでになら、いくら返済ができるのかと言う事を伝え、その方向で調整してもらいます。

もし、返済日に返済する事ができなかった場合も、カードローン会社からの電話を待つのではなく、自分の方から連絡を入れる事をお勧めします。内容によって異なるものの、多くの場合、電話で相談する事で、ある程度の返済日の猶予や金額の調整を行ってもらう事が可能となります。

・こちらから、連絡しない場合、どうなるの? 返済日に決まった額の返済を行わず、そのまま放置した場合、必ずカードローン会社の方から連絡が入ります。基本的に登録している携帯電話にかかってくる事となり、担当者の方から、担当者「○○会社の○○と申しますが、返済期日を過ぎてしまっているようなですが、何か御座いましたか?」といった感じで連絡が入ります。

決して、ドラマで見るような脅しのかかった電話の対応はありません。紳士的な対応で電話がかかってくるのが基本です。その上で、「忘れてしまって、すみません。」などと返事をすると「では、いつ、返済できますか?本日中に可能ですか?」などと返済を迫ってきます。

この場合、本当に忘れてしまっただけですぐに返済が可能な場合は、良いのですが、返済するお金がない場合は、その事を正直に伝え、返済日を伸ばしてもらうなどといった対処が必要になります。

一般的に1日や2日の延滞では電話がかかってくる事はありません。その間に返済すれば、何も問題はありません。

・電話を無視した場合 カードローン会社からの催促のでんわを無視した場合、無視し続けると勤務先や自宅にまで電話がかかってきます。もちろん、その場合、勤務先の人にカードローン会社の取り立ての電話などと言った事は伝えませんが、やはり、勤務先にまで電話がかかってくると色々と気になると思います。

また、家族に内緒の場合、自宅に電話がかかってくる事も避けたいかと思います。

そのような事から、必ず携帯電話にかかってきた電話は出るようにする事が大切です。

・1か月以上、滞納した場合 1か月以上、滞納した場合、返済の遅れではなく滞納となります。その為、携帯電話や勤務先に電話がかかってくるだけではなく督促状が自宅に届くようになります。

それまで無視し続けた場合、確実にブラックリストに登録される事は間違いありません。

・どう考えても返済ができない場合は、どうすれば良い? どうしても、今後、返済する事が難しいと言う事になった場合は、債務整理を選ぶ事が必要になります。

一言で債務整理と言っても、自己破産だけではなく、自宅や預金を守る事ができる個人再生や金利負担となる将来利息がカット可能な任意整理などがあります。このような債務整理を選ぶ事で、借金の返済を軽くする事ができ、無理のない範囲内で返済を続ける事が可能になります。

もちろん、これらの場合、必ず返済の義務は残ります。その為、一切の返済の義務を放棄したい場合は、自己破産を選ぶしかありません。

また、これらの債務整理を選んだ場合、ブラックリストに登録される事となり、今後、一定期間、カードローンを利用する事ができない他、新たにクレジットカードなどを作成する事はできません。

その事を知ったうえで最終判断として債務整理を選ぶ事が大切です。

まとめ

以上がカードローンの返済ができない場合の正しい対処方法となります。

実際、うっかり返済日を忘れてしまう事もあるかもしれません。そのような事態を避けるためには、カードローン会社のアプリなどをうまく活用し返済日をメールで知らせてくれるような機能を利用すると良いかと思います。

また、どう頑張っても返済日に返済が蒸すかしい場合は、そのまま、放置するのではなく必ず連絡を入れてください。そうする事で、カードローン会社の方も無茶な事は言いません。返済に向けた新たなプランを提案してもらう事も可能です。なので、是非、返済ができない場合は、電話で連絡するようにしてください。