学生でも、急に出費が必要な時ってありますよね。

特に、就職活動や卒業が近付くと、まとまったお金が必要になりますよね。

こんな時には、学生ローンしか借りられないんでしょうか?

学生ローンは、確かに感嘆に借りる事が出来ますが、限度額が少なく、金利はやや高いです。

ですが、学生ローンを組む前に、1度カードローンを検討してみてはいかがでしょう。

学生ローンと比較すると、金利が安いので、1度検討してみるのをおすすめします。

カードローンは審査が難しそうと思うかもしれませんが、学生も審査に通る可能性はあるのです。

申し込み条件をチェックしましょう

カードローンを借りたいと思う時には、まずはカード会社の申し込み条件をチェックしましょう。

カードローンの条件の多くには、「20歳以上70歳未満」と、書いてある事が多いと思います。

年齢はクリアしているので、大丈夫と思うかもしれませんが、そこに学生でも借りられるかどうかをチェックしましょう。

もしも、記載がない場合は、直接カード会社に連絡して、学生でも借りられるかどうかを尋ねましょう。

学生がカードローン審査に受かる為には

安定した収入はあるか

学生がカードローンを組む為には、やはり安定した収入がなくては借りる事が出来ません。

アルバイトといっても、その収入が 不安定では、審査に受かる可能性が低くなってしまいます。

カードローンの審査に受かるには、少ない金額でも、毎月決まった日にちに決まった給料が入るという事が大切です。

勤続年数

そして、勤続年数が長いかどうかも、カードローン審査には関係があります。

アルバイトで一定の収入があったとしても、勤続年数が短い状態では、審査に落ちる可能性があります。

なぜなら、勤続年数が短いという事は、安定した収入とは言いがたいからです。

勤続年数が1年以上なら、安心してカードローンに申し込む事は出来ます。

一人暮らしなのか、実家暮らしなのか

そして、学生がカードローン審査で有利になるのは、一人暮らしではなく、実家暮らしです。

なぜなら、実家暮らしという事は、少なくても家賃を払う必要はありませんし、支出が少ないのです。

つまり、一人暮らしをしているよりも、金銭的な余裕があります。

では、一人暮らしなら審査には受からないのかと言ったら、そうではありません。

一人暮らしなら、何年住んでいるかでも大きく左右されます。

何年同じ場所に住んでいるか。

いくら家賃を払っているか、延滞や滞納はないかという事も関係してきます。

つまり、長く住めば住むほど有利なのです。

学生がカードローンを利用する時の注意点

学生がカードローンを借りる事は可能ですが、気を付けなくてはいけないのは、支払いの延滞です。

つい、勉強やアルバイトに忙しくて、返済日にきちんと返済しなかったという事もあると思います。

僅かな延滞なら、カード会社に連絡をして、出来るだけ早めに返せば、信用情報に傷がつくというのは事はありません。

ですが、万が一返済が滞り60日過ぎてしまうと、信用を失い、ブラックリストに載ってしまいます。

そして、一度ブラックリストに載ってしまうと、借金を完済してから、5年たたないと元には戻りません。

つまり、5年の間はブラックリストに載り続けるという事なのです。

学生時代にブラックリストに載ってしまうという事は、この後に控えている進学や就職に大きな影響があるという事です。

カードローンの返済が滞るという事は、進学や就職を不利にしてしまうかもしれないという事を、考えておきましょう。

まとめ

学生がカードローンを組む時には、あらゆる事を事前に考えておく必要があります。

カードローンは、本当にピンチの時にはとても頼りになります。

ですが、計画的に利用をしないと、返済が滞り、ブラックリストに載ってしまう可能性もあります。

カードローンを利用するメリットだけではなく、デメリットの事もあると考えて利用しなくてはいけません。