私は埼玉県内で生活をしている、既婚者の女性です、ムーです。4人家族で平凡な毎日を送っていますが、健康体と言う事だけが自慢です。今回、私に起きた最大のピンチは、車通勤をしているのにも関わらず、車検代金が支払えないかも知れないと言うピンチでした。

気が着いたら口座の残高が無い

誰しもお金は計算して使いたいと、最初は思っているものだと思いますが、気が着けば、出費出費の連続で、お金をバラバラと使うと言う経験があると思います。そんな私も日ごろから、そんなにお金遣いが荒いと方では無いと思っているのですが、気が着いたら財布にも、銀行の口座にもお金が一切ないと言うピンチがありました。

しかし、その時は自分の車の車検が近づいていて、車通勤をしているので、生活に車がないという事は考えられないので、どうやって車検代を工面しようかと?悩みました。

その理由は、夫からは予め車検代を現金でもらっていたのですが、とにかく交際費や子供がらみの教育費で突然にお金が出ることが多く、本当に気が着いたら、夫からもらった車検代を使い果たしていたのです。どこかで補てんできると考えていましたが、結局、車検の前日になっても補てんができず、あたふたしていました。

こんな時こそ、キャッシングをするしかない

お金が無い、お金は無いと、慌てふためいている時に、ふと頭に浮かんだのは、以前、家族旅行でお金を使い過ぎてしまった時に、キャッシングのお世話になった事がありました。その時は自分名義で消費者金融のレイクのカードの審査に通り、生活費の10万円をキャッシングして2回払いで返済した事を思い出したので、タンスの奥底にしまっておいたレイクのカードを握り締めて、近所のATMへ車を走らせました。

誰にも迷惑をかけず、誰にも知られずにキャッシング

結果的に、私はレイクで車検代の12万円をキャッシングしました。翌月がボーナスの月でしたので、一括で返済をしようかと思いましたが、無理をせずに2回払いで返済をきちんとしました。

夫にも知られる事はなく、自分の中で全てを処理が出来た感覚になり、とても安心感を覚えました。

私の利用限度額が50万ですが、借りる借りないは別として、こんな緊急事態が起きても、あたふたせずに、お金が借りられると言う安心感は、精神的な安定と余裕に繋がると感じました。

また、大切な車の車検代も涼しい顔をで支払うことができたので、問題も全て解決したと言う訳です。

まとめ

私にとって車が無い生活と言うのは考えられないので、車検代を払う現金がないと言う事態に一瞬見舞われて、どうしようかと一気に不安になりましたが、キャッシングと言うものに助けられて、問題も解決が出来て、嫌な思いをする事がなく本当に良かったです。キャッシングに関しては賛否があると思いますが、私個人としては、キャッシングにとても助けられたので、今後もどうしてもお金の事でピンチの時は自分の返済できる範囲でお世話になると思います。